趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第3話 Song of the meteor 3



第3話

施設の窓から見える森は、赤レンガの塀に遮られて、その樹冠だけが広大な敷地に広がっているのが見える。 御影の閑静な住宅街にあるその美術館には、樹齢千年の楠木が大きく枝を広げている。 
窓を開けると、六甲山から下りてくる風が、ざわざわと木々の枝を鳴らして部屋に柔らかく入ってきた。

その風は、あの夢はもう終わったのだと告げているかのように。

あの「青い夢」。 その夢を見ている間、世界はずっと青く見えていた。 まるで晴れた日の海の中にいるように。

凛太朗は母親が死んだ日、その夢からやっと覚めたように感じた。 母親は癌で乳房を失くし、歌を失くし、命も失くしてしまった。 
死に向かう母親は、癒せない魂に永遠に眠ることで終止符を打ったのだ。


それは遠い夢。 「青い夢」の中に、凛太朗はほとんどの感情と言葉を置いてきた。


目が覚めると、感情も言葉もほとんどない、空っぽの自分がいて、ホッと安堵した。 
その感覚は、森のように、何も求めるものはなかった。

愛情も、情けも、同情も、何も欲しいとは思わなかった。 職員の女の人が話しかけてきても、それが優しい言葉だったとしても、それはただのコトバだった。


夢から覚めた凛太朗の現実は、思っていたよりも、もっと白い世界だった。 現実の色は夢の世界よりももっと鮮明で、鮮やかだった。 綺麗だ、と思った。 
これで充分だ。 




誰かがドアをノックして、「おはよう」と言った。 朝の光が窓から入ってくる。
職員はベットのところまでやって来て、傍にあった椅子に座った。


「おはよう凛太朗くん。食欲があれば朝ごはんがあるからね、お茶かジュースだけでも飲みに食堂にいらっしゃい」 




貴子は、椅子に座りながら凛太朗にそう声をかけてみた。 少年はベッドに身を起こしていたが、窓の外を見たまま、何も言わなかった。 部屋に入ってから、自分の方を一度も見ていない。 
貴子は、凛太朗が施設に来て数日、ほとんど何も食べていないことが気になっていた。 できることなら何かを食べさせたい。 
貴子は毎日、朝と夕方に凛太朗の部屋を訪れた。 少年には、それ以外の訪問者はいなかった。 本来なら学校に通うはずだが、凛太朗は、部屋を出ようとはしなかった。 
二日に一度、お湯で体を拭いた。 まだ幼い12歳の少年が、貴子には老人のように感じた。

親を亡くしたり、訳あって一緒に暮らせない子供たちは、その心を極端に閉ざしてしまう傾向が強い。 愛情を見失ったり、わからなかったり、裏切られたり。 心を閉ざすか、問題を起こすか、入所したての少年たちは、みんな心が不安で荒れている。

貴子はそんな少年たちにも我慢強く接した。 彼らの心はどこかで安らぎを求めていた。 言葉をかけたり、体に触れたりすると、少年たちはふと、心を緩める時がある。 そんな時は自分の心も一緒に緩んでいく。 少しづつ心が通うのがわかる。
貴子自身も施設で育ったので、少年たちが負った心の傷は、わかるつもりだった。

でも凛太朗から感じるのは、 「受け取り手のいない空間」みたいな感じだ。 少年は、自分の言葉に、何一つ感情を動かしていないのだ。 自分の言葉が届いているのかもわからない。 体に触れても、そこに実態があるのか確信が持てなかった。



貴子は、話すのはあきらめて、ざっと部屋を掃除してからドアを閉めた。 元気を出さなくては、と貴子は自分に喝を入れた。 今日はいい天気だ、施設の窓を全部開けてみよう、 忙しくなりそうだ。






バタンとドアが閉まり、ふわりとカーテンが揺れた。 誰かが出て行った部屋にはまた、元の静けさが戻ってきた。 窓から見える楠木の枝は、雄々しく空を突き上げていた。 緑は鮮やかに光る。 
凛太朗は現実の世界の真っ新な自分の心に、真っ新な世界の情報を書き込んでいった。

窓から吹き込んでくる風は、誰の言葉よりも凛太朗を優しく包んだ。



そして連れてきた記憶もある。
「青い夢」の中で凛太朗は、その夢にも現実にもいないような異質のものに会った。 
音に引き寄せられて入った雑居ビルの地下で、女は会場の空気を、その増幅された声で引き裂いていた。 言葉には何の感情も込められてはいなかった。 ただただ空気を音の振動で震わせているだけだった。 夢の中では、何もかもが溶け合い、混ざり合い、つながり合っていた。 グラスやテーブルまでもがグニャグニャと溶けて、人や床と混ざり合った。

「何者とも交じり合いたくない」その結界のようなメッセージと音の振動は、凛太朗に「夢から連れ出してくれる何か」を見つけたような、探していたものが、強烈に発するパワーを感じた。 凛太朗は自分が何を探しているのかがわかっていた。 それは母親の乳房だった。 でも失くしてしまったのは母親そのものだった。 夢の中で凛太朗は母親を失ったのだ。


  葵には、また会えるだろうか。 自分のいる場所を知っているのだろうか。 現実の世界で唯一、名前を覚えている人。 
夢の中に置いてこなかった名前。

「あおい・・・」と小さくつぶやいてみた。 涙が流せそうな気がした。





Episode 3

The forest which can be seen from the window of the facility is blocked by the red brick fence, and only the crown can be seen spreading on a vast site. In the museum in a quiet residential area of ??Mikage, Kusunoki of the age of 1,000 years widely branches.
When I opened the window, the wind descending from Mt. Rokko sounded briskly and sounded branches of the trees softly entering the room.

That way, as if told that that dream had already ended.

That "blue dream". While seeing that dream, the world looked blue all the time. Just like staying in the ocean on a sunny day.

Rintaro felt as if he finally awoke from that dream the day the mother died. The mother lost her breast, she lost her song and lost her life.
The dead mother ended in an unhealable soul sleeping forever.


That is a distant dream. In "Blue Dream", Rintaro has placed most emotions and words.


When I awoke, there was almost no emotion or words, I was empty, I was relieved.
That feeling, like a forest, had nothing to ask for.

I did not think that I want anything, affection, pity, sympathy. Even if a woman from a staff speaks to me, even if it was a gentle word, it was just a koto.


The reality of Rintaro who awoke from a dream was a more white world than I thought. The color of reality was clearer and brighter than the world of dreams. I thought it was beautiful.
This is enough.




Someone knocked on the door and said "Good Morning." Light in the morning comes in through the window.
The staff came up to bed and sat on a chair beside him.


"Good morning Rintaro, if you have appetite you have breakfast, come to the dining room for tea or juice alone"




Takako sat touching Rintaro while sitting in the chair. The boy was raising herself up in the bed, but watching the outside of the window, he said nothing. I have never seen myself since entering the room.
Takako was concerned that Rintaro had not eaten almost anything for several days after coming to the facility. I want to eat something if I can.
Takako visited Rintaro 's room every morning and evening. There were no other visitors to the boy. Originally should attend school, Rintaro did not leave the room.
I wiped my body with hot water once every two days. A young twelve - year - old boy still felt like an old man to Takako.

Children who lost their parents or who can not live together in translation are strongly inclined to extremely close their hearts. I lost sight of affection, I do not know, betrayed. Whether to shut down my heart or cause problems, or the boys who have just entered are all uneasy and rough.

Takako also touched such boys patently. Their hearts were seeking peace somewhere. When you put words or touch the body, boys suddenly have time to relax. At that time my heart will loose together. I can understand that my heart goes through little by little.
Takako himself also grew up in the facility, so I thought that the scars of the hearts the boys owed were to understand.

But from Rintaro you feel like a "space without receivers". The boy has not moved any emotions to his own words. I do not know if my words have arrived. Even though I touched my body, I could not be sure there was a reality there.



Takako gave up talking, I roughly closed the room and closed the door. Takako put a katana on himself to have to get out. It's nice weather today, let's open all the windows of the facility, it is going to be busy.






The butt and the door closed, the fluffy curtain shook. In the room someone left, the original tranquility came back. The branches of Kusunoki which can be seen from the window were erectly pushing up the sky. Green shines brilliantly.
Rintaro wrote the information of the new world to the heart of the real new world.

The wind blowing in from the window tenderly enriched Rintaro than anyone's word.



And there are memories that I brought.
In 'Blue Dream', Rintaro met a foreign thing that neither its dream nor reality existed.
In the basement of a cottage building dragged in by the sound, the woman was torn up the air of the venue with its amplified voice. There was no emotion in the words. I was just trembling the air with the vibration of the sound. In dreams, everything fused together, mixed up and connected. The glasses and even the table melted with the guyagguha, mixed with people and the floor.

"I do not want to mix with anyone" The message and sound vibrations like that barrier seems to have found "something to take out of my dream" to Rintaro, but I felt the power that I was looking for strongly It was. Rintaro knew what he was looking for. It was the mother's breast. But the one who lost it was the mother itself. Rintaro lost her mother in her dream.


In case I wonder if we can meet Aoi again. I wonder if he knows where he is. The only person in the real world who remembers the name.
The name I did not put in my dream.

I tried muttering as "Aoi ...". I felt that tears seemed to flow.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM