趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

桜童子 第24話 cherry blossoms demon 24



鬼のあおいの物語

 あたしは新神戸駅を出て、神戸の街のにおいを嗅ぐ。
 海の匂いと人の匂い。排気ガスの匂い。ケミカルな薬の匂い。鉄の匂い。腐敗した、ガスの匂い。山の匂い。薄まり行く酸素の匂い。旨そうな男の匂い。不味そうな女の匂い。

 あたしの視界は白くぼんやりと霞む。意識も、霞に包まれていく。

 狂気が発芽していく。

 狂気が根を伸ばす。

 狂気があたしを侵略する。

 心臓の鼓動が早くなる。飢えがあたしを侵略する。本能を突き動かし、あたしを鬼にする。


 あたしは妄想する。男を路地に引きずり込んでそして、生きたまま、生き血を喰らう。死にかけた男の腕を捥ぎ、肉を喰らう。
 あたしは、あたしの眼球が熱くなるのを感じる。気分がハイになっていく。
「喰ってやる」とあたしは呻くように小さく声に出す。












   新神戸駅は、布引の龍の通り道につくられた駅だ。
 布引の龍は、布引の滝を伝って天に昇る。

 布引の龍は川の呼吸を奪われて、三宮の地下街から染み水を出し、止まった水が山の霊場の木々を枯らしている。
 霊山は至る所で崩壊している。
人間と龍が破壊と崩壊の連鎖をつくる。

 そして龍は、いよいよとなると一気にその巨体をうならせて地面を揺さぶる。


 破壊された街では、人間の生活の、その脆さや危うさが浮き彫りになり、このシステムで生きる人間の不自然さが鮮明になった。

 昔は大地震があっても、地産地消でまかなえた。
 現代のシステムは、流通が止まると壊死するように街が死ぬ。
 ライフラインが止まると人も死ぬ。脆いシステムだ。

 人間は、システムの中で生きている。  人がつくったシステムの中で。

 自然は、自然のシステムで動いている。人間は自然のシステムを理解しようとしない。いや、わからなくなった。意識を変えられた。ルールを書き換える人間に。人間は、自分の鎖が見えないし、感じない。囚われていることにも気づかない。ルールは魂を鎖で縛る。












 あたしはそんなのまっぴらごめんだ。  鬼にルールは無用だ。









 「喰ってやる」

 あたしは路地に引きずり込んだ男を血祭りにあげて、血の付いたコートを脱いで捨てた。

 地下のトイレで血を洗い、女を待ってコートを奪った。

 あたしは人を喰っても無感情でいられる。感情を持たないでいられる。それは、あたしがまっとった結界のせい。



 何とも混じり合わない結界を、あたしは自分の周りに張り巡らせる。あたしは自分の聖域にいて、すべてのものから分離している。
 何も、誰も、あたしの聖域には入れない。

 あたしはすべてから分離して、孤高の鬼になる。

 生まれ変わったのだ。

 魂の解放が、あたしを生まれ変わらせた。

 鬼の発動が始まったのだ。

 意識の高みに目を向ける。

 青い龍が神戸を包んでいる。緑の龍が霊山に住む。

 神々が8つの宮に住まい、人の世界と共にある。

 あたしの意識は青龍に乗って空へ行き、大水の渦を見る。

 あたしは意識を青龍に乗せて、どこまでも高く飛ぶ。



A story of Aoi's Aoi

I left Shin Kobe station and smell the streets in Kobe.
The smell of the ocean and the smell of people. The smell of exhaust gas. The smell of chemical medicine. The smell of iron. The spoiled, smell of gas. The smell of the mountains. The smell of oxygen going down. The odor of a man with a reasonable effect. The odor of a tasteless woman.

My sight is whitish and blurred.
Consciousness is also wrapped in mist.

Madness germinates.

Madness extends the root.

Madness invades me.

The heart beat faster. Hunger invades me. I thrust the instinct and make me a demon.


I am a delusion. Drag a man into an alley and eat live blood as it is alive. Pull the arms of the dying man and eat the meat. I feel my eyeball gets hot. My mood is getting high.

I'm gonna eat "as I gloomily make a small voice.











In case



Shin Kobe station is a station built on the way of the dragon of cloth drag.
The cloth dragon will rise to heaven along the Kuroda noodle.

The dragon of the clothing robbed the river's breath, got stain water from the underground shopping area of ??Sannomiya, and the stopped water withered trees of the mountain sacred place.
The sacred place collapses everywhere, and the dragon breaks it again. Humans and dragons make a chain of destruction and collapse.

And the dragon shakes the ground with its giant swallowing at once at the end. When a huge rift ran from Awaji to Kobe and hit the city of Kobe, it was said that the Great Hanshin-Awaji Earthquake occurred.

I just happened to be in Kobe at that time by chance.
I experienced the dragon's rampage. I also felt fear as well.
I was atrocious about the anger of the dragon.
He shook the ground upside down, left and right with a sudden explosion, tore up the ground at a distance of 100 kilometers. God became a desolate god.

In the destroyed city, the fragility and dangers of human life are highlighted, and the unnaturalness of the human being living in this system becomes clearer.

Even if there was a big earthquake in the past, it was covered by local production.
The modern system will die as the circulation stops and the city will die.
People also die when the lifeline stops. It's a brittle system.

Humans live in the system.
In the system that people made.

Nature is moving in a natural system.
Humans do not try to understand the system of nature. No, I did not understand. I was able to change my consciousness. To humans who rewrite rules. Humans can not see their own chain and do not feel it. I do not even notice what is captured. Rule ties the soul with a chain.

I'm sorry for all such a thing.
A demon's rule is useless.








"I will eat"

I gave the man who dragged in the alley to the blood festival, took off the coat with blood and threw it away.

I washed my blood in the underground toilet, I robbed the woman and took the coat.

Even if I eat a person I can be feeling empty. You can stay emotionless. That is because of the boundary that I took.

I will stretch around the boundaries that do not mix up anything. I am in my sanctuary and separate from everything.
Nothing, anyone, can not enter my sanctuary.

I separate from everything and become a devil demon.

It was born again.

The liberation of the soul has reborn me.

The demon 's invocation began.

Look to the height of consciousness.

A blue dragon envelops Kobe. A green dragon lives in Lishan.

The gods live in eight palaces and are with the human world.

My consciousness rides the blue dragon and goes to the sky, and sees the vortex of the large water.

I put consciousness on the blue dragon, and fly higher than ever.



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM