趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

桜童子 第23話


陸奥の鬼の物語

あたしは森の懐で廃屋を見つけた。
屋根の茅葺きは傷んでいたが、柱も床もしっかりしていた。土壁は崩れているところもあったが、竹もあるし、土もある。

 あたしは家の修理の前に地主神に祈りを捧げ、しばらくここに住まうことを告げる。
 耳をすませて土の音を聴く。地下を行き来する龍の気配を感じる。この敷地で水が悪さをしないことを確かめる。

   獣の身体のいいところは匂いや音が人の身体の多分、数万倍も鋭くなるところだ。
 そうして住処を修理し、人のように暮らし始めた。





 あたしは、獣の肉もほとんど食べなくなって、木の実や虫を時々食べる。
でも大抵は水を飲み、葉や草を食んでいると腹もそんなに減らなくなった。

 人の中で暮らしていると、人の感覚が身について、己の業の深さに傷つき、人を食うたび自分を責めた。
 人になりたいと願い、あたしは自分を哀れんでいた。
 自分を哀れと思いはするが、なれないものになろうとする思いは、自分で自分をいじめているのと変わらない。その思いを置いてやっと、あたしは本当の自分に思いを巡らせる。

 鬼の姿に戻ってみると、人の姿でいる意味もなくなり、何のための人食いかと、思いに至るようになる。


 自分が鬼だということが受け入れられないという思い。
 人のような容姿を得たいという思い。
 人の世界で暮らしたいという思い。どれも当たり前の願いだろうと思う。

 なぜ、そう願うのか。

 人として生きたかったから。
 人として見られたかったから。
 人としての幸せを求めていたから。

 あたしはそういう思いを、一旦そっと置いたのだ。

 あたしは静かに山の草庵に暮らす。



 肉の食欲はどんどんと薄れ、おりょうがつくった味噌汁などを食いたいと思う。

 代わりに湯を沸かし、杉の葉などを入れて飲んでみる。
 炭をおこし、囲炉裏で沸かした枇杷の茶なども時々飲んだし、いろいろな草や葉を茶にして飲んでみた。

 吹雪の夜も、囲炉裏にあたり、炭がおこるのを眺めては、この陸奥に思いを馳せた。

   山はまだこれからどんどん雪が深くなる。煮炊き用の薪を作ったり、家の周りの雪かきをしたりで、山の暮らしは用事があるといえばいくらでもある。

 陸奥は日本海からの風で運ばれた雪雲に覆われて、大抵は太陽が見えないが、たまに晴れた日には、大気の中にキラキラと氷の結晶が舞うこともある。 
 樹氷が日に照らされて氷の花を咲かせることもある。白銀の世界に日が入ると、灰色の世界が、光の世界へと趣を変え、同じ場所とは思えない景色を浮かび上がらせる。
 日は色を世界に注ぐ。

 人は太陽に神を見るが、それはあたしも同じだ。この世界に息吹を吹き込むのは日の加護のおかげだ。
 星が命を育む時、日がその星に熱と光と色をもたらして、星の全ての命を育む。赤子の命を育み、鬼の命も育む。

   日は、罪の有無によらず、心根の善悪によらず、その全ての命の営みを加護している。


 あたしは晴れた日、太陽に照らされているだけで、その加護と暖かさに抱かれ、生かされている自分に気づく。

   雪深い冬山にいると、晴れた日のその静かな一時が、あたしの心を洗う。
 あたしは心に色を得て、果てしなく続くであろう自分の命に、一抹の希望を見つけることができる。

 人の世界では、あたしは自分を殺して生き、追われ、斬られ、殺されるが、人と離れた世界では、あたしは異質な生き物ではなく、日の加護も受けられる真っ当な生き物だと思えてくる。
 裂けた口も、全身の毛も、真っ当な生き物のそれのように思える。

 あたしはこの冬山で、風の音を聴き、水の調べを聴き、氷の美しさを愛でながら、深く自分の世界に没頭していく。

 あたしは、あたしの世界の話を佐吉に話して聞かせたいと心底思う。
 唯一心を締め付けるのは、自分の心の内を誰かに話したいという思い。話せないという思い。
 どこにも行けない感情が、深くあたしを締め付ける。

   それでもあたしは、もう獣のように生きたいとは思わない。里に住み、人の暮らしができなくてもいい。獣の様相でも、人のように生きられればいい。
 異質な生き物ではなく、鬼という真っ当な生き物として生きたいと思う。

 人と関わらず、この陸奥の山の懐で、自分の時を刻みたいと思う。

 日に照らされて、心に色を染めたいと願う。






コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM