趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第16話 Seed Episode 16




第16話


「いつごろ帰るんだい? 貴子さんの世界には」と菊蔵は聞いた。
「多分、夜になれば眠るだろうし、目が覚めたら元の世界に戻れると思うの」と貴子は言った。
「なぜわかるんだい?」
「ただわかるの。理由はないけど」
「そうか、じゃあ明日には行ってしまうんだな」
「私がいなくなれば、どこからかまた別の私がやってくるのかしら? この世界に」
「多分ね。世界からは誰もいなくならないと思うんだよ。一瞬の世界は、それで完璧なんだよきっと。善も悪もある。正も負もあって、両極が同時に存在している。社会においても、個人においてもね。そして全ての命はそのバランスと関連性で結ばれてる。だから誰が欠けても、何かが欠けても完璧じゃない、完璧を維持するために、貴子さんがいなくなれば、また違う時間軸からこの世界にぴったりの貴子さんがピョンとやってくるんだと思うんだ」
「それも面白い考え方ね。そうやって世界がシャッフルしていくのね。私以外の全部の人もそうやって時間軸を移動するなら、すごい勢いで世界は変わり続けて行っていることになるわね」
「全体総意や集団意識が一つの時間軸になって目的地まで世界を運ぶんだよ。原因は結果を生み出し続ける、それの繰り返しが時間だと思うんだ。似たような集団意識を持った世界の時間軸に行くんだ、多分ね、俺はそんな風に考えてる」
「でも自分が何人もいるっていう風に考えると、とても想像できないわね」
「そうだな、無限にいるのかも知れないしな。時間軸は全部で何個って誰にもわからないだろうしな」
「世界が変わる時って、価値観や意識がガラッと変わる時なの、歴史を見てもね。時代の変わり目とかは大体そんな感じだわ。価値観や意識の変化は災害とか戦争とかの外的要因の時もあるし民衆運動や革命運動なんかの内的要因の時もある。集団意識がガラリと入れ替わるのね。そういう時ってすごく大勢の人が時間軸を飛び越えているっていうことなのかしら?」
「多分そういうことなんじゃないかな。例えばガンジーがやった非暴力革命はガンジーっていう人間の世界がガンジーを中心にガンジーの望む世界に移行した。つまり変わってしまった新しいガンジーに集まってくるように縁のある人たちが同じように変わっていったんじゃないかって思うんだ。彼らの世界も変わったと思うよ。ガンジーと同じような境地になっていたんじゃないかな」
「一人が変わるとその周りの集団意識も変化するのね。時間軸を超えて」
「ミツバチのように寄り集まるんだ。そして世界をつくっていく。皆、自分の中のガンジーに気づく。そして自分を知っていく。革命とか人権とか世界の不条理の意味を思考する。革命は多分内部で起こるんだよ、そしてその意味や訳を見出して静かに革命は終了するんだ。自分がもはや別人になったと自覚する。その時に世界が何も変わっていなくてもね、未来は望む未来になるんだって確信するんだ」
「きっと望む未来になるわね」と貴子は言った。






Episode 16


"When will you come back to Takako's world?" Kikuzo heard.
"Perhaps, I will sleep at night, I think I can go back to the original world if I wake up," Takako said.
"Why do you understand?"
"I just understand, there is no reason," but
"Ok, then we will go tomorrow."
"Where is I coming from if I am gone? Wonder if another me will come? In this world"
"Perhaps I do not think there will be anyone from the world, the instant world is perfect, surely there are good and bad, both positive and negative, both polarities simultaneously exist. Even in society as well as in individuals, all lives are tied according to their balance and relevance, so whichever one lacks, even if something is missing it is not perfect, in order to maintain perfection, Takako If I lose it, I think that Takako who is perfect for this world comes from Pyongyang with another time axis.

"That is also an interesting way of thinking, so the world will shuffle, if all the people except me also move on the time axis, the world will continue to change continuously with great momentum Wow! "
"The whole consensus and collective consciousness become one time axis and carry the world to the destination, the cause continues to produce results, I think that iteration is time, I have a similar collective consciousness I'm going to the time axis of the world, maybe, I think in that way.
"But I can not imagine if I think of myself as having many people.
"Yeah, it may be indefinitely, nobody knows how many time axes in total."
"When the world changes, it is time the values ??and consciousness change galaxy, even looking at history, it is almost like that at the turn of the era.The changes in values ??and consciousness are outside of disasters and wars Sometimes it is a factor of occasion and there are occasions of internal factors such as popular movement and revolutionary movement somewhat, the group consciousness is replaced with lily.It is such that a lot of people jump over the time axis at such times I wonder? "
"Perhaps that's not the case, for example, the nonviolent revolution that Gandhi did is that the human world called Gandhi shifted to the world that Gandhi wants, mainly Gandhi, so that it gathers in a new Gandhi that has changed, I think that some people have changed in the same way, I think their world has changed, I guess they were in the same level as Gandhi.
"When one changes, the collective consciousness around it also changes, beyond the time axis"
"We are gathering like bees, gathering around the world and making the world.All of you will notice Gandhi in yourself and you will know yourself.We think about the meaning of revolution and human rights and absurdity of the world.The revolution is probably It happens internally, finds its meaning and translation and quietly ends the revolution.Is aware that myself is no longer a different person, even if the world has not changed at that time, the future hopes I am convinced that it will become the future. "
"You surely will be the future," Takako said.

種 第15話 Seed Episode 15


第15話


「それで、貴子さんはどうするんだい?」と菊蔵は聞いた。
「わからない」と貴子は言った。ここからどこかにまた行くんだろうか? 自分の意思とは関係なく、目覚めるとまた違う世界にいるんだろうか? 「菊蔵さんはこの世界に残るの?」
「そうするつもりだよ。俺が元いた世界に比べればずっといい世界だ。この世界は終わらないと思うよ」
「そうね、そうなんでしょうね。この世界はうまく文明をシフトさせたんでしょうね」
「人間ていうのは、多分やればできるんだよ。『世界を終わらせない』ってみんながどこかで決めたんだと思うよ。みんなが『世界は終わらせない』って決めたら本当にその通りになるんだと思うよ。よく分からないけど心もエネルギーを持っていると思うんだ。『想い』の力ってとても強いものだからね。だからみんなが想いを集めればとても強い力になってそれは多分、宇宙にも影響していくんじゃないかな。エネルギーって絡み合って連動していると思うんだ。何か大きなエネルギーが動き出すと周囲のエネルギーに影響を与えて、それが大きなエネルギーの渦みたいなものを創っていく、それは一つの大きなエネルギーの渦とかうねりになって宇宙の流れが変わるんだ。だから世界はみんなが決めたようになる。何となく俺はそう思っている」
「『想いの力』か。 私はやっぱり元いた施設の子供達のことが心配だわ。この世界よりもっと危うい世界かも知れないけれど、それでもそんな世界で子供達は必死で生きている、心に不安や違和感を感じながらも前を向こうとして生きている。私は私の世界の子供達と生きたい。それがわたしの世界なの」




「それが君の答えだね」と葵が言った。
「そうよ、それが私の願い」と貴子は言った。「私はどうして違う世界に来てしまったの?」
「寄り道だよ。元いた世界の同じ場所と時間に戻してあげるとは言ったけど、直ぐにとは言っていないよ。いろんな世界が同時進行しているって見て欲しかったんだ。説明するのが難しいからね、体験するのが一番わかりやすい」
「頭では理解しにくいかもしれないわね、それは本当に感覚の世界かも知れないし」
「そうだね、感覚の世界だね。そう感じれば、そういう世界だという認識になる。自分の世界が変わる瞬間が分かるようになる。それは他の時間軸に移行したと認識される。別の未来へ行く時間軸だ。真逆の結果へ行くこともある」
「未来は決まってはいない、どこへでもいける」
「そういうことだね。君の世界がいい世界になるといいね」




「貴子さん、それは素晴らしいことだね。子供達を愛しているんだね。そう望めばきっとそうなるよ」と菊蔵が言った。
「そうね、きっとそうなるわね」と貴子は言った。
「俺は何だか、だんだんわかってきたんだ。妻と息子を亡くした後、世界が終わろうとしている時に、俺は生きることが嫌になっていたんだ。世界は大荒れだった。人々も皆荒れていた。そんな時代に生きる意味なんて見つからなかった。俺はほとんどぼんやりと毎日を過ごしていたんだ。でもそのうちいつからか、そんな生活の中にも楽しいことも見つけられるようになっていった。畑をやるのも楽しみだし、街がだんだんと森になっていくのも楽しかった。車が走らなくなって空気はどんどん綺麗になっていくし、工夫して生活するのも、それはそれで楽しかった。生きているんなら楽しまなくちゃ損だと思ったよ。それからはだんだん気持ちが前向きになれたんだ。楽しい気分でいて、自然に感謝して、もし誰かと会えたのなら、そのことが素晴らしいことになるように。そんな風に生きていれば、自分の望む未来に行けるんだと気付いたんだ。時代は激変していった。この街も激変した。嵐の中で小さな楽しみを見つけて、今そばにいる誰かと助け合い、乗り切っていけば未来は少しづづ望む方向に向かって行ってくれたんだ。その過程でも俺は何度か違う時間軸の世界に移動したと感じたんだ。世界が変わったって感じたんだ。望む未来にカチッと何かが切り替わったような感じだよ」
「菊蔵さんはこの時代に残るのね?」
「この世界でもそういう風に生きていれば、きっと望む未来に行けると思うんだ。また世界が変わったとしても、それは今よりももっと良い世界だ。多分ね。そして何よりも家族っていうのは自分自身なんだってわかったよ。家族がいて、やっと俺は一人前なんだ」
「人ってそういうものかも知れないわね。私の施設の子供達も家族と別れて心に傷を抱えている子供ばかりよ。子供達も皆、そんな風に自分の心を何かで勇気付けて毎日を生きているんだと思うの。私は子供達の未来が幸福なものであってほしい。私の望みはそれだけよ」と貴子は言った。




Episode 15


"So what's Takako doing?" Asked Kikushi.
"I do not know," Takako said. Will it go somewhere from here? Whether you are awake or not in a different world regardless of your intentions? "Does Mr. Kikuzo remain in this world?"
"I am going to do so, it's a much better world than the world I was in. I think the world will not end.
"Well, I guess so, I guess this world has successfully shifted civilization."
"I think human beings can do it probably if you do it, I think that everyone decided somewhere that" I can not end the world. "If everyone decides that" the world can not end " I do not know well, I do not know well, I think that the mind also has energy, because the power of "feeling" is very strong, so it will be a very strong force if everyone gathers my feelings Perhaps it will also affect the universe, I think that energy is interlocking and interlocking.When something big energy moves, it affects the surrounding energy and it is a big energy Creating a whirlpool thing, it becomes a swirl or undulation of one big energy, the flow of the universe changes, so the world seems to be decided by everyone I somehow thought so And are "
"I'm worried about the children of the facility that I had originally been from. I guess it might be a more dangerous world than this world, but still children in such a world are desperately living, in my heart I feel anxiety and incongruity but I live ahead and I want to live with my children in the world, that is my world.




"That is your answer," Aoi said.
"Yes, that is my wish" Takako said. "Why did I come to a different world?"
"I told you to return to the same place and time in the original world, but I did not say it immediately, I wanted you to see that various worlds are progressing at the same time. It's difficult, it's the most obvious experience.
"In the head it may be hard to understand, it may be a really sensational world,"
"Yeah, it's a world of feeling.If it feels like that, it will be recognized that it is such a world.It will be able to understand the moment when my world changes, it will be recognized as shifting to other time axis.Other future It's a time axis to go to, which may go to the opposite result "
"The future is not decided, I can go anywhere"
"That's it, I hope your world will be a good world"




"Takako-san, that's a wonderful thing, I love children, it will surely be the case, if I hope so," Kikuzo said.
"Well, it surely will happen," Takako said.
"I got to know somewhat, after I lost my wife and son, I was disliked to live when the world was about to end.The world was rough and the people were all rough I could not find the meaning to live in such a time.I spent almost everything idly but from that time it has become possible to find fun things also in such a life.When I go to the field I am looking forward to it and I enjoyed having the city gradually becoming a forest.It's fun to keep the air running steadily as the car does not run and it is fun to do it living by ingenuity. I thought it would be a loss if I had to enjoy it, then I gradually became more positive feeling.I am in a pleasant mood, thank the nature and if I could meet someone I realized that if I lived in that way I realized that I could go to the future I wanted.The times have undergone a drastic change.This city has undergone a dramatic change.In a storm a small enjoyment I found it and helped with someone near me now, the future has gone a little further in the direction I wanted, I also felt that I moved to a different time-axis world several times in the process I felt the world changed, it seems like something clicks into the desired future "
"Does Mr. Kikuji remain in this era?"
"If you live in that kind of world like this, you think that you can definitely go to the future you want, and even if the world changes, perhaps it is a better world than it is probably - and most of all family members I knew I was myself, as I have a family, I finally am a single person. "
"People are such things, children in my institution are separated from their families and only have children with injuries in their hearts, children also have their courage in something like that I think that I am living everyday, I want the future of children to be happy, my hope is that much, "Takako said.

種 第14話 Seed Episode 14


第14話


「アワの歌って元の字はもっと古い字なのね、象形文字みたいな」と美和が言った。
「そうなのよ、記号みたいな文字ね太陽とか月とか、その形を図形にしたような感じかな。古代文字っていう部類なんだと思うわ。縄文時代に使われていた文字ね」と真知子は言った。
「また縄文時代ですね。僕もなんか興味が湧いて来て、ちょっと調べてみたんですけど、正確なデータとか、実際にどんな生活をしていたのかとかは、はっきりとはわからなかったです。貝塚とか遺跡とかから想像するしかないですからね」とチッチは言った。
          「そうね、過去のことはその遺跡とかから想像するしかないわね。残っているものは風化しないで形を残しているものと、言い伝えとかで継承されているものくらいだものね。でもそこから想像できる事柄はとても多いと思うわ。その時代の人がどれだけ自然と向き合ってそれに寄り添うように生活していたかがわかるもの。当たり前だけど縄文時代は電気なんてなかったのよ、冬になれば竪穴式住居で焚き火をして暖を取っていたのね。木の枝を燃やしてそれで命を繋いでいた。日本は国土のほとんどが森だからちょっと歩き回れば枯れ枝なんてすぐに集められたんだと思うわ。住居も木で作るし、その時代の人間は植物をパートナーのようにして生活していたのね。だから植物を育てる土や水や太陽や自然そのものをとても大切にしていたんだと思うの」と真知子は言った。
「私は集団生活とか、ちょっと苦手なんだけど、昔の人は村とか集落とかで助け合って生活していたんでしょう、隣に誰が住んでいるのかわからないっていう街とは全然違うのね」とユウが言った。
「今もそれは残っているわよ、お祭りとか季節行事とか地域単位でやっているし、それは日本人が受け継いでいる文化なのよね。現代社会は個人主義とか多様性に大きく振り切っているのかもしれないわね、要するにバランスの問題なのかもしれない、何か形にはまって規則やルールで縛られすぎても不自由だし、個性を殺してしまうことになる。多様性も認めながら同時に全体性も尊重出来ればとてもバランスのとれた社会になると思うのよ」と真知子は言った。

「それでこの曲をどうすれば、何がどうなるんだ?」とタナベが言った。
「音楽は瞑想なんだって、同時に祈りでもあるのよ。その力が何か地球の回復の力になるんだって」と美和が言った。
「獣の美和がそう言ってたの?」とユウが聞いた。
「うん、だから、何回でもこの曲を演奏したほうがいいみたい。そしてできるだけ多くの人がこの歌を歌ってくれたら、それはすごく大きな力になるみたい」と美和が言った。
「いろんな所でいろんな曲をつけて歌っているみたいよ、そんなに大勢ではないみたいだけど、縄文時代の歌っていうことで、そういうのに興味がある人たちの間では大勢の人が知っている歌だからね」と真知子が言った。
「今ので一回だな。何回くらいやればいいんだろう?」とタナベが言った。
「それはわからないな。とにかく何かが変わるまでやるしかないよ。私たちにはそれくらいしかできないもんね。それが何かの力になるなら、やれるだけやればいいんじゃないかな」と美和が言った。
「じゃあテイク2、いきますか」とチッチが言った。




Episode 14


"Miwa sang and the original letter is more old, it looks like a hieroglyph," Miwa said.
"That's right, a letter like a sign like the sun or the moon, I feel like shaping the shape, I think it is a class of ancient characters.The character used in the Jomon period," Makiko Said.
"I am also in the Jomon Period, I also got interested somewhat, I tried a little research, but I did not know exactly what data I actually did and what life actually did. We can only imagine from shell mounds and ruins, "said Tschitch.
In case "Well, I can only imagine from the ruins of the past, the things that are left are those that are inherited by the fact that they leave shapes without weathering, but from legend. I think that there are so many things that I can imagine.It knows how much people in that age faced nature and lived to live close to it.Naturally there was no electricity in the Jomon period, in the winter a vertical hole formula I burned branches of trees and burned their lives with burning fires at my residence.The most of the country is forest, so I think that dead branches were gathered soon after walking for a while Housing was also made from wood, people in that age lived plants like partners, so we treasure the soils, water, sun and nature themselves which plant grows very much Machiko as "I think he said.
"I am not good at collective life or something, but old people lived in a village or a community to help each other, it is completely different from the city where you do not know who lives next door," Yu Said.
"Even now it remains, we are doing it in festivals, seasonal events, regional units, etc. It is a culture that Japanese people inherit, contemporary society may be tremendously overcome individualism and diversity In other words, it may be a matter of balance, it may be in some form, it is inconvenient even if it is tied up by rules and rules, and it will kill the personality.The whole thing also recognizes diversity at the same time I think that it will be a very well-balanced society if we can respect it, "Makiko said.

"So what do I do with this song and what will happen?" Tanabe said.
"Music is a meditation, it is a prayer at the same time, Miwa said that power is something power of the recovery of the earth."
Yu asked, "Miwa of the beast said so."
"Yeah, so it seems better to play this song for as many times, and as many people as possible sing this song, it seems to be a huge power," Miwa said.
"It seems to be singing with various songs in various places, it seems not so much, but as a song in the Jomon period, among those who are interested in it, it is a song that a lot of people know That's true, "Makicho said.
"It's one time so now, how many times should I do?" Tanabe said.
"I do not know, anyway, there is no choice but to do until something changes, we can only do that, if it becomes a power of something, it can be done as much as we can," Miwa said .
"Well, take 2, are you going to," said Chitchi.

六甲山 山頂から雲ヶ岩、心経岩


六甲山 鍋蓋山

 

六甲山の鍋蓋山に登ってきました。

(動画を編集できるようになりました! 初めから編集してからUPせい! すみません今度からそうします)


種 第13話 Seed Episode 13

iPhoneImage.png




第13話

ガレージに入ってくる風はどことなく草花の香りを運んでくる。いい香りがする。街には車が行き交うシュンシュンというタイヤの音がわずかに聞こえる。

「菊蔵さん、外へは出歩いてみてみたの?」

「もちろん、そこら辺を散歩してきたよ。俺の世界とは明らかに違う。空気が綺麗だし、ピリピリした感じもない。何か、とても穏やかな雰囲気を感じるんだ」

「私はここを探すことに頭がいっぱいになっていたから、あまり街をよく見ていないんだけど、雰囲気としては元の世界と同じ感じよ。空気は確かにいい気がするけど」

「車が走っているけど、あれは多分電気自動車か、何か別の動力で動いているんじゃないのかな? 貴子さんの世界ではもうエンジン式の車は走っていなかったんだろう?」

「私の世界では車はほとんどエンジン式よ。電気自動車はまだあまり普及していなかったわ」

菊蔵は少し考えてから「違う世界なのか?」と聞いた。

「わからない、とにかくもっとよく見てみましょう」と貴子は言った。

貴子と菊蔵はガレージを出て神社の方まで行ってみることにした。

意識して息をしてみると、とても美味しい空気だと気付いた。街の家の前に駐めてある車は見たこともないような車もあったが、見たことがある車も多くあった。

「あの車はエンジン式のはずよ」と貴子は言った。

「そうだな、あの車は俺も知っている。エンジン式だった」

各家庭に車は1台か2台はあった。その大半は見たことのある車だった。

神社に着くと狭い駐車場に何台かの車が駐めてあった。「この車もエンジン式だな」と菊蔵が駐めてある一台を指しながら言った。

そこに乗用車が一台駐車場に入ってきた。「エンジン式だ」と菊蔵が言った。

車はジャリジャリと敷地に敷かれた砂利の上を走ってきた。横を通り過ぎる時に「エンジン音がしないな」と菊蔵が言った。「ちょっとドライバーに聞いてくるよ」そう言って菊蔵は止まった車に駆け寄った。

ドライバーと菊蔵は何かを話し込んでいた。その光景は、お互いに初めてにして、驚きと興奮が混じっているような雰囲気だった。

戻ってきた菊蔵は「フリーエネルギーっていうもので動いているみたいだ」と言った。

「フリーエネルギーってなんなの?」と貴子は聞いた。

「聞いたところによると要するに、空気中から取り出せるエネルギーのことらしいよ。大気は電気を帯びている。だから空気中からはいくらでも電気を取り出せるみたいなんだ。それで動いている」

「私の世界にはないものだわ」

「そうだね、ここは貴子さんの世界ではないと思う。貴子さんの世界よりはもっとマシな世界だ」と菊蔵は言った。

「私の世界ではない?」貴子は聞きたくない言葉を聞いてしまって、少し戸惑っていた。でも考えるのは後だ。今は事実をそのまま受け入れる。そこに感情はいらない。「自動車がそのフリーエネルギーで動いているのなら、その他の電力とかはどうしているのかしら?」

「すべて自然エネルギーだよ。化石燃料を使うのをやめたみたいなんだ。電気は空気から取れる。その他のエネルギーも木材から取れる。化石燃料を使う意味はもうないらしい、世界はそこにシフトしたみたいだ」
「エンジン式の車もフリーエネルギーなの?」

「エンジンを積み替えたようだよ。車のフレームや車体はまだまだ使える。使い捨てもやめたみたいだ。エンジンを積み替えたら、細かい消耗部品を交換するだけで新車みたいになるようだね。世界に車は溢れるほどある。それを全部破棄することなんてしなかったようだね」

「フリーエネルギー。それはどうやって発電するの?」

「それは俺もよくはわからない。磁場とかそういうのも関係しているみたいなんだけど、要するに『大気は電気を帯びている』ということが基本にあるみたいなんだ。雷のようなものだね」

「『大気は電気を帯びている』電気っていうのは基本的に空気の中に存在しているのね?」
「そうみたいだね、磁石みたいにプラスとマイナスの世界だよ。地球は大きな磁石なんだ。地球それ自体が大きなエネルギーの塊なんだよ。だから当然電気も帯びている。単純にそれを取り出せばいい。そんなに難しいことではないみたいだね」

「そのエネルギーは排気ガスを出さないのね?」

「そうだね、もちろん出さない。何も燃やさない。ただ空気から取り出すだけみたいなんだ」

「ここはどこなんだろう」と貴子は思った。「元の世界に戻った訳ではなかったんだ。私はまた知らない世界に来てしまった。それは私が変わってしまったからなんだろうか? この世界が私の生きるべき世界なんだろうか?」




iPhoneImage.png




Episode 13


The wind coming into the garage carries fragrance of flowers somewhat. It smells nice. The sound of the tire called Shunshun where cars go and go is heard in the city.
"Mr. Kikuzo, did you try going out to the outside?"
"Of course, I've taken a walk around there, it's obviously different from my world, the air is clean and I do not feel as if I'm feeling sick, I feel something very calm."
"Because I am overwhelmed by looking for this place, I do not see much of the city much, but as an atmosphere it feels the same as the original world, although air feels good indeed."
"Although the car is running, that is probably an electric car, or is it moving with something different? In the world of Takako you have not run an engine-powered car anymore?"

"In my world cars are almost engine-driven, electric cars have not been popular yet"
After thinking a little about Kikuzo, I heard that "Is this a different world?"
"I do not know, let's take a closer look anyway," Takako said.

Takako and Kikushi left the garage and decided to go to the shrine.
When I consciously breathed, I noticed it was very tasty air. There were cars that I had never seen cars parked in front of the house in the city, but there were many cars I've seen.
"That car should be of engine type," Takako said.
"Yeah, I know that car, it was an engine formula."
Each house had one or two cars. Most of them were cars I've seen.
When arriving at the shrine there were several cars parked in a small parking lot. "This car is also engine type," said Kikushi while pointing at one of the cars.
A passenger car came into the parking lot there. "It's an engine formula," Kikushi said.
The car ran on Jarijari and the gravel laid on the premises. When passing by the side, "There is no engine noise," Kikushi said. "I will ask the driver for a moment." That said so, Kikushi ran to the stopped car.

The driver and Kikushi were talking about something. That scene was the first time for each other, the atmosphere seemed to be mixed with surprises and excitement.
Kikushi who came back said "It seems to be moving with free energy."
Takako asked, "What is free energy?
"In short, it's about the energy you can take out from the air, the atmosphere is charged with electricity, so you can take out any amount of electricity from the air, so it's moving."
"It is not in my world"
"Well, I think that this is not the world of Takako, it is a better world than Takako's world," Kikuro said.
"Is not it my world?" Takako had heard a word he did not want to hear and was a little confused. But I think about it later. Now accept the facts as they are. I do not need emotions there. "If the car is moving with its free energy, what about other electricity?"
"It's all natural energy, I ceased to use fossil fuels, electricity can be taken from the air, fire can be taken from wood, there is no point in using fossil fuels, the world seems to have shifted there." Is the car also free energy? "
"I switched the engine, I can still use the car frame and the car body, seems to have stopped throwing away.If you change the engine, seems to be like a new car just by replacing small consumable parts.The car overflows to the world There seems to have not been done to discard it all. "
"Free energy ... how do we generate electricity?"
"I do not know well about it, it seems that the magnetic field and that are also related, but in short it seems that there is basically" the atmosphere is charged with electricity. "It is like thunder."
"Is the atmosphere" with the electricity "basically exists in the air?" "Looks like it is, it's a plus and minus world like a magnet, the earth is big It's a magnet, the Earth itself is a lump of large energy, so of course it's also powered by electricity, simply taking it out seems to be not that difficult. "

"That energy does not emit exhaust gasses?"
"Yes, of course I will not put out anything, I will not burn anything, just like taking it out of the air"

Takako thought, "Where is this place?" "I did not return to the original world, I came to an unknown world again, because I changed, is this world the world I should live in?"


種 第12話 Seed Episode 12

iPhoneImage.png




第12話




「11年前の世界に戻ってきたみたいね。私が別の世界に入って行った時間に」と貴子は言った。

二人はガレージに置かれたキャンプチェアーに座って、菊蔵がいれたお茶を飲んでいた。

「そうみたいだね。貴子さんがいた世界だ。でも俺が知っている世界じゃない、俺の世界の過去は、もうこの時代では大きく変化が始まっていた。見たところ、まだ世界は穏やかそうだ。ここは貴子さんの世界で俺の世界ではないよ」と菊蔵は言った。

「それはどういうことなのかしら? 私と菊蔵さんはそれぞれ別の世界で生きているってこと?」と貴子は聞いた。

「そういうことだね。別の時間軸の世界。パラレルワールドみたいなものかも知れない。俺は貴子さんに引きずられてここにきてしまったのかも知れない」と菊蔵は言った。

「何かこうやって話をしているとさっきの続きが始まっているような感覚になるわね。ついさっきまで、私はここで菊蔵さんと話をしていた」

「そうだな。貴子さんと話をしていて、気がつくとこの世界で目が覚めたんだ。このガレージのこの椅子の上でな。そして俺は世界が違っていることに気づいた」

「『別の時間軸の世界』ってどういうものなのかしら?」と貴子は聞いた。

「例えば『並行宇宙』とも言ったりするけど、同時進行している別の時間軸の宇宙のことだよ。俺はなぜか昔からこの並行宇宙を行ったり来たりしているような気がするんだ。名前や周りの状況に何も変わりはないんだけど、少しずつ何かが違っているんだ。さっきまでいた時間軸の宇宙ではありえない方向に時間が流れている、そんな感覚があって、これは別の並行宇宙に瞬間移動してしまったんだと感じるんだよ」

「時間軸を移動するっていうことね。それが私と菊蔵さんに起こっている。だったら私の世界は菊蔵さんの世界と違って、まだ終わりかけてはいないってことね」

「そうだな、まだ終わりかけてはいない。俺の世界ではもう災害が立て続けに起こっていたんだ。世界中で。人間は何もできずに自然に翻弄され始めていた」

「じゃあこの世界に移動したってことは、ご家族も助かるかも知れないっていうことね」

「そうだな。俺は違う未来に行けるのかも知れない。だったら家族は絶対に死なせない。どうして亡くなったか俺は知っているからな。やり直せるなら、俺は違う未来に行くよ」

「ご家族にその話はしたの?」

「いや、家族には話さないよ、変に思われるし、信じないと思うからね」

「そうね、でも本当にそれが可能ならいいわね。原因があって結果があるっていうのが本来だけど、その間で別の要因が加わってそれぞれ別の結果にたどり着くっていうことなのかも知れないわね。それが同時にそれぞれの時間軸の上に存在している」

「やった時とやらなかった時だよ。同じ『種』をまいても水や土をやった時と何もしなかった時では結果が違う。水をやったことが新たな因となる。やらなかったことも因となる。そしてそれぞれ別の結果にたどり着く」

「なぜ違う時間軸に移動するのかしら? 時間軸は一つということが常識のように思うけれど」

「そうだな、単純に考えると時間軸は一つなんだろうな。俺は昔からそんな感覚があったから、並行宇宙とかそんなことをいろいろと考えていたんだけど、それは『関連性』に関係してるんじゃないかと思うんだ。個人の結果の変化はその個人だけの結果の変化では終わらない。必ず周囲の環境まで変化することになる。人間や社会は『関連性』の中で変化しているからね。個人の変化は周囲にも影響する。だから違う時間軸の世界が同時にいくつも必要なんだよ。変化してしまった個人はもうその時間軸にいられない。変化に合わせた環境の時間軸に移動する。パッと世界が変わるように」

「確定的事実ではないにしても、面白い考え方だと思うわ。一瞬にして世界が変わるっていう歴史の事実も過去にはあるみたいだし。私の感覚だと別の時間軸の宇宙のつぎはぎが一本の時間軸になっているっていう感じもあるけど」

「いろいろな感覚があってもいいのかも知れないな、もちろん時間軸は一つだっていう感覚もありだと思うけど、それは感覚の問題で、事実にはあまり影響のないものだからね。ふと思うんだけど、人間は世界が持続不可能になる因を作り続けているけど、もう片方では世界が持続可能になるような因もつくっているのかもしれないな。両方の『種』を同時に蒔いているんだよ、何かの加減で世界がどうとでも変われるように。そしてそれは意識してやっていることではないことに含まれている。『善い種』っていうのはそんなものなんじゃないかって思うんだよ」

「意識せずにやっていることの中に『善い種』が含まれるってこと?」

「例えば意識では操れないものが本能だと思うんだよ。内臓も本能が動かしているものだし、人間の大部分を無意識や本能が動かしている。人間が自然由来の生き物だとするならば、本能や無意識の中に『自然に帰ろう』という感覚があるはずなんだ。その感覚が『善い種』を残しているんじゃないかって思うんだよ」

「それも面白い考え方ね。でも『並行宇宙』や『パラレルワールド』はいろんな仮説が出来てしまいそうね。とにかく世界は一つではないってことよね?」

「ここは俺の世界ではないからね。俺はもうこの時代を経験しているし、その世界ではこの時代はこんな風ではなかった」

「じゃあタイムスリップはなぜ起こるのかしら? 私が11年先の未来に行ったことや菊蔵さんがこの過去の世界に来たことは?」

「そうなってくるとすぐには答えは出ない、もちろん確定的なものではないけれど、ある程度の核心みたいなものまでたどり着くのに時間が要りそうだな。タイムスリップが起こる訳か・・・」

貴子は菊蔵が考え込んでいるのを見て、もう一度改めてガレージから外を眺めた。

何もかもが手入れされた景色が広がっていた。道路も公園も建物も全てのものに何かしらの手入れがされていた。

「私は違う時間軸に行って、それを経験したんだ。それは記憶として持っている。私は明らかに変化している。もしかしたら、この世界も元の私の世界ではないのかしら?」貴子は風になびく街路樹を見ながらそう思った。






iPhoneImage.png




Episode 12


"It seems they came back to the world 11 years ago, at the time I entered another world," Takako said.
They sat on a camp chair located in the garage, drinking tea that Kikushi was in.
"It seems like it is the world that Takako was in. But it is not the world I know, the past of my world has already started to change significantly in this era As I have seen the world is still calm This is not Takako 's world in my world, "Kikuro said.
Takako asked, "What does that mean? I and Kikuzo are living in different worlds, respectively"?
"That's what it is, another world time world, maybe it's like a parallel world, I might be dragged by Takako and come here," Kikuzo said.
"As I talk about something like this, it seems that the continuation of the story has just begun. Until just a while ago, I was talking to Mr. Kikushi here."
"Yeah, I was talking to Takako and I woke up in this world as I realized that it is on this chair in this garage, and I realized that the world is different"
"What is" another world time world "?" Takako asked.
"Saying, for example," parallel universe ", it is the universe on another time axis that is progressing at the same time.I feel like I'm coming back and forth from this parallel universe for some reason There is nothing wrong with the name and circumstances, but something is different little by little.Time is flowing in a direction that is impossible in the universe of the time axis that was up until a while, , I felt it was instantaneously moved to another parallel universe. "
"It's about moving around the time axis, that's happening to me and Kikuro-san, so my world is different from Kikuzo's world, so it's not over yet."
"Yeah, I have not finished yet, in the world there have been disasters all the time already.In the world, human beings are beginning to be at the mercy of nature without being able to do anything."
"Well, if you moved to this world, your family may be saved"
"Yes, I may be able to go to a different future, my family absolutely can not die.I know how I passed away.I know if I can redo, I will go to a different future"
"Did you tell that family to your family?"
"No, I will not talk to my family, because it seems weird and I do not believe it."
"Well, but if you really can do that, it is true that there is a cause and the result is there, but in the meantime it may be that another factor adds to another result It exists at the same time on each time axis "
"It is when I did it and when I did not do it.With the same" seed ", the result is different when I did water and soil and not doing anything.The result of doing water is a new factor. It will be a factor that did not do, and we will reach different results. "
"Why does it move on a different time axis? I think that it is common sense to have one time axis"
"Oh yeah, just thinking about it, there will be only one time axis. Since I used to have such a feeling, I was thinking about parallelism and such things in various ways, but that is related to" relevance " Changes in the results of individuals will not end with changes in the results of that individual alone and will surely change to the surrounding environment because humans and societies are changing in "relevance" Personal change also affects the surroundings, so we need a number of different world time horizons at the same time.The individual who has changed can not be on the time axis anymore, Move to the axis, so that the world will change "
"I think that it is an interesting way of thinking even though it is not definite fact.It seems that the fact of historical fact that the world changes instantly also seems to be in the past.When my feeling is different from the time axis of the universe There is also a feeling that it is one time axis "
"I do not mind having a variety of senses, of course I think that there is a sense that the time axis is one, but that is a problem of feeling, because it has little effect on facts. However, while human beings continue to make factors that make the world unsustainable, the other may be creating a factor that makes the world sustainable. Sowing both "seeds" at the same time It is in the fact that the world can be changed by any change of something, and that is included in what is not aware of.The "good seed" is not such a thing I think it's cool. "
"Does that mean that" good seed "is included in what you do without consciousness?"
"For example, I think that things that can not be manipulated by consciousness are instincts, the internal organs are also moving instincts, and most of human beings are unconscious and instincts are moving If we assume that humans are naturally derived creatures There should be a sense of "go home to nature" among instincts and unconscious, I think that sense is "leaving a" good seed "."
"That is also an interesting way of thinking, but it seems like there are various hypotheses in" parallel space "and" parallel world. "Anyway, is not that the world one?"
"This is not my world, I am experiencing this era anymore, and in this world this era was not like this"

"Why does time slip happen? What has I done in the future ahead 11 years and how did Mr. Kikuchi come to this past world?"
"As soon as I get it I do not get an answer, of course it is not definitive, but it seems that it will take time to reach somewhat core-like things, whether time slips happen ..."

Takako saw Kikushi thinking in, and once again looked outside from the garage.
The scenery where everything was groomed was spreading. Everything on the roads, parks and buildings was being kept in something.
"I went on a different time axis and experienced it, I have it as a memory, I am obviously changing, maybe this world is not my original world?" Takako thought so while watching the street tree trekking in the wind.


種 第11話 Seed Episode 11




第11話


重くて湿った雪が地面に堆積していく。そんな夜はなるべく大きな広葉樹の木の枝に登って眠ることにしている。そうすれば堆積していく雪に埋もれることもない。湿った雪は体温で溶けて全身の毛を湿らせる。明け方には湿った毛が凍りつき、寒さで目が覚めてしまう。大きな広葉樹は枝葉が屋根になり、枝に登っていれば雪に埋もれることもない。それに狼に襲われることもない。
あたしは安心して眠ることができる。

日が落ちて気温が下がると動く気力も無くなってくる。あたしは寝床の枝に登り、幹にもたれて体を丸める。顔や手足を冬毛の中にしまいこんで目を閉じる。
やがて世界が凍り始める。水分は液体であることをやめて、固い氷の結晶になっていく。
生き物は皆、眠っている。そしてじっと朝を待つ。

世界が白々と明るくなり始めると、あたしの毛はそれを感じてそのエネルギーを受け入れ始める。凍った毛がキラキラと光る。あたしは身震いを大きく一つして、全身の氷をふるい落とす。氷は湿り気を残さず、バラバラと体から剥がれ落ちる。
あたしは太陽の方を向いて、そのまだ弱々しい光を浴びる。
世界が明るくなるにつれて徐々に気温が上がっていく。あたしは動く気力が戻ると枯葉を集めて火を起こす。「もう少しエネルギーが欲しいんだ」枯れた枝葉は小さな火をつくり、じんわりと手のひらを温める。僅かな枯れ枝から小さなエネルギーをもらう。

「旅に出よう」とあたしは思いつく。しばらく客人も来ない。雪に閉ざされた世界もいいが、たまには南の大陸の方に行ってみよう。時間と場所を移動して、人間の世界を見てみよう。

あたしは次の瞬間には大きなマングローブの根元にいる。足元には綺麗な川が流れている。手をつけてみるとほんのりと温かく感じる。体は灰色に変化している。
人間の村は山々のその先にあるように感じる。「しばらく尾根伝いに歩いて山をいくつか越えることになりそうだな」 あたしは川の水で喉を潤すと深い山へと分け入って行く。「奥の方の山の標高はおそらく2000mを超えている。そうなると気候も随分と違うんだろうな」あたしは灰色の体で大丈夫かと少し考える。「気温が下がれば冬毛もまた生えてくるだろう」あたしは呑気にそんな風に思って、山肌を駆け上がる。湿った重い空気が全身を覆う。「空気が違う」とあたしは思う。






Episode 11


Heavy and damp snow accumulates on the ground. Such a night I am going to sleep as climbing the branch of the tree of the broad-leaved trees as much as possible. Then it will not be buried in snow accumulating. Moist snow melts at body temperature and moistens the whole body. Damp hair froze on dawn, and awakens with cold. Big broad-leaved trees have branches and leaves as roofs, and climbing branches will not be buried in snow. Neither is it attacked by a wolf.
I can sleep with confidence.

When the sun is falling and the temperature goes down, the energy to move also disappears. I climb the branch of the bed, and lean against the trunk and round the body. Put your face and limbs in the winter hair and close your eyes.
Eventually the world begins to freeze. Moisture ceases to be a liquid, becoming a solid ice crystal.
Every creature is asleep. And wait for a morning peacefully.

When the world begins to brighten brightly, my hair feels it and begins to accept that energy. The frozen hair shines glittery. I greatly shuddered and sifted the whole body of ice. Ice does not leave humidity, falls apart from the body and falls apart.
I turned towards the sun and took its still weak light.
As the world gets brighter, the temperature gradually rises. I collect the dead leaves and cause a fire when the moving energy returns. "I want a little more energy." The withered branches and leaves make a small fire and gently warm the palm of your hand. We receive small energy from a few dead branches.

I can think of "Let's go on a trip". A guest does not come for a while. A world closed to snow is also nice, but sometimes let's go to the continent of the south. Let's move through time and place and see the human world.

I will be at the base of a big mangrove next moment. A beautiful river flows at your feet. I feel a little warm when I put my hands on. The body has changed to gray.
The human village feels like it is beyond the mountains. "It seems that it will be going to cross some mountains by walking on the ridge for a while." When I rinse my throat with the water of the river, I go into a deep mountain. "The altitude of the mountain in the back is probably over 2,000 m, so the climate would be quite different." I think a bit whether the gray body is OK. "When the temperature goes down, winter hairs will also grow again." I feel sweetly that way, running up the mountain ridge. Damp heavy air covers the whole body. I think that "Air is different".

種 第10話 Seed Episode 10




第10話


「貴子さん!」
コンコンとドアを叩く音がする。貴子はぼんやりとその音を聞く。夢の中でその音は鳴っているようだった。
「貴子さん! お昼ができてますよ。食堂に来てくださいね」

小南さんの声だ。
コンコン。 ノック。 ふと目覚める。貴子は鏡の前で眠っていた。

「貴子さん!」と小南さんが呼んだ。

「はあい。すぐ行きます。ちょっとお風呂に入っていたの!」と貴子は返事をした。
「よかった、昼寝でもしてるんじゃないかと思いましたよ。お昼ができてますよ、お味噌汁が冷めないうちに来てくださいね」とドアの向こうで小南さんが言って、バタバタと廊下を歩いて行ってしまう音がした。

ここはどこなんだろう? 元いた世界に戻ったんだろうか? 部屋はもと通りになっている。窓ガラスも割れていない。 私の世界だ。

じゃあさっきまで居た世界は何なんだろう? 未来の世界。 菊蔵と言う男がそこにいた。確か近所に住んでいるはずだ。この世界にもいるんだろうか。

携帯で日付を確認してみる。2018年9月6日。元の世界だ。季節はまだ夏だ。窓の外では蝉が鳴いている。
私は喫茶まちこでコーヒーを飲んでから、部屋に戻ってシャワーを浴びたんだ。
そして鏡の中の世界に行った。

それから未来に行き、また元の世界に戻ってきた。

貴子は部屋の暑さのせいで、自分が裸だということに気づくまで少し時間がかかった。洋服ダンスには元のまま自分の服が並んでいた。すぐに服を着て窓を開けた。

街は倒壊した家もなく、車の行き交う音も聞こえる。元どうりの世界だ。何も変わっていない。
何がどうなっているのかわからないが、とりあえず元に戻ったんだ。

貴子はスリッパを履いて部屋を出た。食堂の方からは数人の子供達と職員の話し声が聞こえる。
「9月6日の午後」と貴子は呟いた。未来の世界では小南さんの献立日記は今日で終わっていた。このお昼ご飯の献立を最後に。今日、これから、何かが起こるのだろうか。

食堂では食事が始まっていた。平日の昼食なので登校しない子供たちと数人の職員がいるだけだ。
貴子が来たのを見て「お味噌汁注いできますね」と小南さんが言ったが、「自分で注いできます」と言ってキッチンに行った。
キッチンから見える庭も元の通りだった。吹き溜まりもなく、草は適当に刈られていて、木も手入れされていた。

「もと通りだ」

貴子は食器棚からお椀を出して、鍋からお椀に味噌汁を注いだ。

食堂に行くと皆が食事をしていたが、チッチの姿が見えなかった。
「チッチは今日は学校に行っているの? 朝は行かなかったと思うんだけど」と貴子は小南さんに聞いた。
「チッチくんは昼前に、ご飯いらないって言って出かけて行きましたよ。ギター担いでいましたから、音楽の練習にでも行ったんだと思いますけど」と小南さんが言った。
「そうなのね」と貴子は自分に言うように言った。
「どうかしましたか?」と小南さんが言った。
「いえ、大丈夫です。なんでもありません」と貴子は言った。

「菊蔵という男が居るか確かめてみよう」。貴子は食事が終わると記憶をたどって菊蔵の住処へ行ってみた。「確か、神社の近くの掘り込みのガレージがある家」

景色はまともすぎて、それがまともなのかどうなのか、一瞬わからなくなった。ついさっきまで、自然に飲み込まれていこうとしている住宅街にいたのだ。アスファルトはひび割れて雑草が生えていた。神社や公園は森になっていた。
「私の世界は全てが手入れされている」 獣で過ごした時間と、荒れ果てた未来を経験した後では、今のこの世界はとても不自然な世界のように思う。
貴子は自分の感覚が、もう以前の感覚とは違ってしまっていることがわかった。 「私はとんでもない世界にいるのかもしれない」

記憶の通りに道をたどって行くと、見覚えのあるガレージが見えてきた。ガレージの前にはアロハシャツを着た老人が立っていた。遠目から見てもそれが菊蔵だということがわかった。
貴子に気づいて菊蔵は手を振った。
「私のことを知っているのかしら? この世界では、まだ一度も会ったことがないのに」
貴子は声の届くところまで近づくと「菊蔵さん?」と声をかけた。
「貴子さん、来るのを待っていたよ。どうやら俺も時間を移動できるみたいなんだ。貴子さんみたいに未来をいろいろ見て、この時代に戻ってきた。まあガレージでお茶でも入れるよ、少しくらい時間はあるだろう?」菊蔵はそう言って、ガレージに並べられたキャンプチェアーを貴子にすすめた。






Episode 10


"Takako!"
I heard a knock on the conch and the door. Takako listens to the sound vaguely. The sound seemed to be ringing in my dream.
"Takako! Lunch is ready, please come to the cafeteria."

It is Mr. Konan's voice.
Concon. Knock. Suddenly awaken. Takako was asleep in front of the mirror.

"Takako!" Was called by Konan.

"Ai, I will go soon, I was taking a bath for a while!" Takako replied.
"I was glad, I thought that I was doing a nap, I am having lunch, please come before the miso soup does not cool," Konan says at the door and walks in the corridor There was a sound to go.

Where is this place? Did he return to the original world? The room is in its original condition. The windowpane is not broken. It is my world.

Well then what is the world in the middle? The future world. A man called Kikuzo was there. You surely live in the neighborhood. I wonder if there are also in this world.

I will check the date on the mobile. September 6, 2018. It is the original world. The season is still summer. Outside the window cicadas are singing.
I drank coffee at tea ceremony, I went back to the room and took a shower.
And went to the world inside the mirror.

Then I went to the future and came back to the original world.

It took a while before Takako realized that he was naked because of the heat of the room. My clothes were lined up in the original wallet dance. I immediately put on my clothes and opened the window.

The town has no collapsed house, and the sounds of cars are heard. It is the original world. Nothing has changed.
I do not know what is going on, but for the time being I went back.

Takako left the room with slippers in it. From the cafeteria you can hear the talk of several children and staff.
Takako muttered "September 6 afternoon". In the future world Konan's menu diary ended today. At the end of this lunch menu. I wonder if something will happen from now on.

Meals were beginning in the dining room. Since we have lunch on weekdays, there are only children and a few staff who do not go to school.
Konami said, "I can pour miso soup," when I saw Takako came, I went to the kitchen saying "I can pour it myself".
The garden seen from the kitchen was also the original street. There was no puffing, the grass was properly mowed and the trees were being groomed.

'It is in stark '

Takako put out the bowl from the cupboard and poured miso soup into the bowl from the pot.

Everyone was having a meal when I went to the dining room, but I could not see the appearance of Zitch.
"I think Titchi is going to school today, I think he did not go in the morning," Takiko asked Mr. Konan.
"I told him that Titchi told me that he did not need rice before noon, because I was playing guitar, I think he went even to practice music," Konan said.
"That's right," Takako told him to say to himself.
"What's the matter?" Konami said.
"No, it's all right, there is nothing," Takako said.

"Let's see if there is a man named Kikuchi." Takako traced his memories and went to Kikuchi 's residence when the meal ended. "Indeed, a house with a dug-up garage near the shrine"

The scenery was too decent, I could not understand for a moment whether it was decent. Until just a while ago, I was in a residential area where I was about to be swallowed naturally. The asphalt was cracked and weeds were growing. Shrines and parks were forest.
"My world is being groomed everything" After experiencing the time spent in beasts and the desolated future, I believe this world is like a very unnatural world.
Takako found out that his feelings were different from previous feelings. "I may be in a ridiculous world"

Following the way as I remembered, I saw a familiar garage. An old man wearing an aloha shirt was standing in front of the garage. Even from a distance perspective it turned out that it was Kikushi.
I noticed Takako and Kikuzo waved her hand.
"Do you know me? I have never met in this world yet."
As Takako approached the place where the voice could reach, he said "Kikushi-san?"
"Takako-san, I seem to be able to move time, apparently I have come back to this age as I watched the future like Takako-san, I will put in some tea in a garage well, a little about time Is there any? "Kikushi said so and Takako recommended a camping chair arranged in the garage.

種 第9話 Seed Episode 9




第9話


「動物でも人間でもないもの」とサリは言った。「僕たちの村ではその生き物のことを『獣』って呼んでいるんだ。今でも時々、見かける村人もいるんだけど、住処とか生態とかは謎なんだ。とても古くから人間と共生しているみたいなんだけど、姿を見かけるのはほんのたまにしかないんだ」
「でもそういう生き物がいるんだね? この山に」とサカウエは聞いた。
「うん、ずっとそういう風に伝えられてきた。中にはその獣と喋ったっていう言い伝えもあるんだ。ここ最近は誰も見かけていないけどね。10年ほど前に狩りに出ていた村人が、たまたま見かけたらしいんだけど、その時は接触はしなかったみたいなんだ。ただ姿を見かけただけなんだ」とサリが言った。
「どんな姿をしているんだ?」とサカウエは聞いた。
「毛は真っ黒で、冬になると真っ白になるんだ。冬毛になるみたいなんだ。人間みたいに2本足で歩くけど走る時は時々4本足になるんだ。大きさは人間より一回り大きい感じで、結構すごい牙がある。爪も鋭いらしい」とサリは言った。
「全身毛むくじゃらの人間みたいなもんなんだな。そういうのは進化の過程で枝分かれした『種』が生き残っているとも言われているけど」とサカウエは言った。
「そうだね、そういう『種』はもしかしたらいるのかも知れない。でもこの山に住んでいる獣はそういうのとは全然違うんだ。彼らは素早くて、とても賢いようなんだ。気配は人のような気配がするらしい。誰かいるって感じみたいなんだ」とサリが言った。

レイがお茶を沸かして運んできてくれた。「採れたてのハーブだよ。さっきサカウエと摘んできたものだよ」と言ってサリとサカウエが座っている木のベンチの淵に置いた。

ふんわりとハーブの香りが漂った。「いい香り」とサリが言った。「ありがとう」とサカウエが言った。






Episode 9


"Something is neither an animal nor a human," Sari said. "In our village we call that creature" a beast. "Even now, there are also villagers that sometimes seem to be, but there are living habits and ecology, etc. It is a mystery with human beings very long ago It looks like it's only a few occasions to see the appearance.
"But there are such creatures?" I heard Sakae on this mountain.
"Yeah, I've been told by that kind of story, there is a legend that some people talked with that beast, although no one has been seen recently, recently villagers who were hunting about 10 years ago It seems that you happened to see it, but it seems you did not make contact at that time, but I just saw the appearance, "Sari said.
"What kind of figure do you see?" Sakae asked.
"The hair is black, it gets pure white in the winter, it looks like it gets winter hair.I like walking with two legs like a human being, but when I run I sometimes get four legs.The size is more than a human being There is a fairly great fang with a big round feeling, nails are also sharp, "Sari said.
"It's like a whole-body hairy human being, which is said to have survived the" seeds "that branched in the process of evolution," Sakae said.
"Yeah, that kind of" seeds "may be in danger, but the beasts that live in this mountain are completely different from them.They are quick and very smart.The sign is like people It seems like something like it seems like someone is there, "Sari said.

Ray brought us tea and brought it. "It's a freshly picked herb, I picked it with Sakae a while ago," and Sari and Sakae put them on the edge of the sitting tree bench.

The scent of fluffy and herbs drifted. Sari said, "A nice scent." "Thank you" said Sakae.

| 1/16PAGES | >>